イオンSuicaカードでのETCカード 作り方・お得情報

MENU

イオンSuicaカードでETCカードを作るメリット

イオンSuicaカードとイオンETCカードの券面

「イオンSuicaカード」公式申し込みページ→
クレジットカードもETCカードも、永年年会費無料です。

「イオンSuicaカード」は、イオンカードがビューカード(JR東日本のクレジットカード会社)と提携で発行しているクレジットカードです。

イオンカード共通のイオングループ店舗での割引きやポイント優遇特典が付いているのはもちろんのこと、ビューカードの特典も使えるお得なクレジットカードとなっています。

「イオンSuicaカード」の券面を見れば分かるとおり、ビューカード機能も、Suica機能も付いています。

Suica機能一体型のクレジットカードとなっていますので、「イオンSuicaカード」でSuicaを利用できるのはもちろんのこと、ガラゲー携帯・アンドロイドスマホでのモバイルSuicaへ「イオンSuicaカード」を紐付けて利用もできますし、iPhoneなどのアップルペイ(Apple pay)へ「イオンSuicaカード」を登録してモバイルSuicaを利用することもできます。

ですので、普段、JR東日本を利用される方、特にSuicaを利用される方にオススメですし、食料品や日用品の買い物はイオン・マックスバリュ・ダイエーなどのイオングループのお店で、という方にとってはベストなクレジットカードとなっています。

そういう方が、ETCカードを作るのでしたら、必然的に「イオンSuicaカード」でETCカードを作るのがベストチョイスということになります。

このページでは、「イオンSuicaカード」を持つことで得られるお得と、「イオンSuicaカード」でのイオンETCカードの作り方(申し込み方法と手順)をご紹介していきたいと思います。

申し込み方法と手順はページ下段でご紹介しています↓

「イオンSuicaカード」のお得な特典

イオングループでのお得
イオングループで毎日ポイント2倍
イオングループで毎日ポイント2倍の画像

全国のイオン、イオンモール、ダイエー、マックスバリュなどイオングループの対象店舗で買い物の際に、「イオンSuicaカード」のクレジットでお支払いいただくと、「200円ごとに2ポイント」でイオンカードのときめきポイントが貯まります。

通常は「200円ごとに1ポイント」ですので、イオングループだと毎日ポイント2倍です。

毎月20・30日の「お客さま感謝デー」は5%割引き!
イオングループお客様感謝デーの画像

全国のイオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、ダイエー、サンデー、ビブレ、ザ・ビッグなどの店舗で、イオンマークのカードのクレジットまたはWAONでのお支払いで、お買い物代金が5%割引きとなります。

もちろん、5%割引きになったうえに、ポイントも貯まります

「イオンSuicaカード」をはじめイオンカードを持つことの最大の魅力は、この「お客さま感謝デー」の5%割引きです。
毎月20・30日にちょっとまとめ買いするだけで、他のポイント高還元率クレジットカードで得られるポイントより、断然多くのお得を得られるのです。

「イオンSuicaカード」でイオンETCカードを作ったら、この「お客さま感謝デー」を最大限に利用して家計の節約にお役立てするむことをオススメします。

「イオンSuicaカード」には、電子マネー「WAON」機能が搭載されていませんが、イオンクレジットカード所有者へ発行される「WAONカードプラス」へお申し込み頂くことで「WAON」が使えます。「イオンSuicaカード」を「WAONカードプラス」へ紐付られますので、オートチャージの利用などができます。

以上、イオングループでの代表的なお得をご紹介いたしましたが、この2つ以外にもあのます。
詳しくは、こちらの『イオンクレジットカードの割引特典やポイント特典』のページをご参照ください→

ビューカード特典も利用できるのでお得
旅行・ホテル・レジャー利用でのお得
●JR東日本ホテルズをはじめ、JRホテルグループ、東急ホテルズなどで、宿泊基本料金10%〜20%割引きなどの特典があります。

●全国の駅レンタカーを利用の際に、営業所で「イオンSuicaカード」を提示すると、基本料金の10%割引で利用いただけます。

●カラオケの「シダックス」「ビッグエコー」を利用の際に、営業所で「イオンSuicaカード」を提示すると、ルーム料金割引きなどの特典が受けられます。

以上の他にも、全国のレジャー施設などでの特典があります。

海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険が利用できます
イオンゴールドカードを除き、イオンカードには旅行保険は付いていません。
しかし、「イオンSuicaカード」は、ビューカードの特典である旅行保険が利用できます。

以下が補償内容となります。
海外旅行において傷害や疾病で入院された場合、50万円では足りない場合もありますので、心配な方は、別途、海外旅行傷害保険へ加入されると安心です。

海外旅行傷害保険は、自動付帯です。
自動付帯ですので、海外旅行へお出かけの際に、自動的に保険対象となります。届け出や手続きなど、一切必要ありません。
死亡・後遺障害最高500万円、傷害治療費用50万円限度、疾病治療費用50万円限度となっています。

国内旅行傷害保険は、利用付帯です。
きっぷや旅行商品を「イオンSuicaカード」でお買求めいただくと、改札を入ってから出るまで、が補償されます。
死亡・後遺障害最高1,000万円、入院3,000円/日、手術は入院保険金日額の10倍または5倍、通院2,000円/日となっています。

Suica利用でお得
オートチャージ
「イオンSuicaカード」は、ビューカード機能が付いていますので、「イオンSuicaカード」に搭載されているSuicaにも、カード型Suicaにも、モバイルSuicaにも、オートチャージ設定ができます。
Suicaの残額が設定金額以下になると、改札入場時に自動的に設定金額がチャージ(入金)されるので、残額不足の心配がなくなります。首都圏の私鉄・地下鉄のPASMOエリアでもオートチャージできます。
もちろん、都度のチャージでの設定もできます。

モバイルSuicaの年会費が当面無料
モバイルSuicaの年会費は1,030円(税込)となっているのですが、「イオンSuicaカード」を含めビューカードで登録された方は、モバイルSuica年会費が無料となります。
※アップルペイでモバイルSuicaを利用される場合は、ビューカードに限らず年会費無料です。

貯まったポイントをSuicaへチャージできる
「イオンSuicaカード」を含め、イオンカードのクレジット利用で貯まるポイントは、イオンカードの「ときめきポイント」です。
「ときめきポイント」は基本的にSuicaへチャージして使うことはできないのですが、「イオンSuicaカード」だけはSuicaへチャージして使うことができます。

「イオンSuicaカード」のポイント付与とポイント交換

「イオンSuicaカード」のクレジット利用で貯まる「ときめきポイント」についてご紹介したいと思います。

ときめきポイントの付与
イオングループ以外でのクレジット支払いの際の通常ポイント付与は、「200円ごとに1ポイント」です。

ときめきポイントは「1ポイント=1円相当」ですので、ポイント還元率は0.5%です。

国内・海外でのショッピングや飲食、ネットショッピング、公共料金支払い、ETCカード利用分、アップルペイ利用分などに「200円ごとに1ポイント」のときめきポイントが付与されます。
イオングループ店舗でのポイント付与は、上記でも述べましたように、いつでもポイント2倍とにっていて、「200円ごとに2ポイント」です。また、随時、ポイント5倍などのキャンペーンなどが開催されます。

ときめきタウンでポイント2倍〜最大21倍
クレジットカード会社は自社のカード会員向けにポイントがお得に貯まるネットショッピングモールを運営していますが、イオンカードは『ときめきポイントTOWN』を運営しています。

もちろん、「イオンSuicaカード」会員も『ときめきポイントTOWN』の利用可能で、ポイントが通常の2倍〜最大21倍貯まります。

『ときめきポイントTOWN』には、Amazon、楽天市場、Yahooショッピングをはじめ、国内の有名企業のネットショップが参加しています。

ですので、ネットショッピングをする際には、目的のネットショップが『ときめきポイントTOWN』に参加していないかチェックをしてから買い物をするといいです。

Suicaチャージでもポイント付与
「イオンSuicaカード」は、Suicaへオートチャージ(自動入金)および都度チャージ(手動入金)分に対しても、ポイントが付与されます。

ただし、チャージ金額「400円ごとに1ポイント」と若干ポイント還元率が低くなっています。

ときめきポイントの交換
貯まったときめきポイントの使い方としては、
  • グッズや商品への交換、
  • イオングループネットショップでの利用、
  • 商品券・ギフト券への交換、
  • WAONポイントやWAON POINTへの交換、
  • dポイントへの交換、
などがあります。

ポイント交換は、1,000ポイントからの交換となります。
「イオンSuicaカード」は、上記の他に、貯まったポイントをSuicaへのチャージもできます。

Suicaチャージも1,000ポイント(1,000円分)単位での交換となります。
(ときめきポイント 1,000ポイント ⇒ Suica1,000円分)

Apple Pay(アップルペイ)へ登録できます

イオンカードとアップルペイのイメージ画像
「イオンSuicaカード」がアップルペイへ登録でき、アップルペイでのモバイルSuica利用が可能ということは、上記で述べましたが、「イオンSuicaカード」をアップルペイへ登録すると「iD」の利用もできます。

したがって、「iD」加盟店でも使えるということになります。

「iD」は、ほぼ全てのコンビニチェーンでを使うことができます。
「iD」が使えるお店→

アップルペイ「iD」で支払った代金は、イオンカードの利用代金として引き落とされます。

アップルペイ利用分には、「200円ごとに1ポイント」のときめきポイントが貯まります。

ポイントは積極的に貯めたいけれど、コンビニなどでの少額利用でクレジット決済はちょっと遠慮したいという方も、「iD」なら気軽に使えるので、少額決済でも無駄にせずポイント獲得につなげることができます。

iPhoneユーザーでない方も、NTTドコモの「おサイフケータイ」機能が利用できる機種(携帯・アンドロイドスマホ)をお持ちの方は、「イオンカードiD」のアプリをダウンロードして「iD」を使うことができます。

ロードサービスを低価格で

「イオンSuicaカード」を含め、イオンカード会員は、1年間2,800円(税込)で「イオンサポートサービス」に入会でき、「イオンサポートサービス」の中にロードサービスも含まれています。

JAFより低価格の年会費で、JAF以上のサービスが受けられます。

JAFに加入されていない方は、加入しておくと安心です。

ただ、自動車保険によっては付帯サービスでロードサービスが付いている場合がありますので、その場合は加入の必要はないです。

イオンカードのロードサービスについて詳しく→

「ETCゲート車両損傷お見舞金制度」が付いている

「イオンSuicaカード」を含め、イオンカードのETCカードには、「ETCゲート車両損傷お見舞金制度」が自動付帯されています。

もしものアクシデントなどで、ETCゲートで開閉バーに衝突し、車両を損傷した事故に対し、年1回まで、一律5万円分のお見舞金をお支払いする制度です。
ちょっとしたキズやヘコミなら、5万円で直せるのではないでしょうか。この5万円で修理できれば、車両保険を使わなくて済むので、うれしいサービスといえそうです。

対象となるのは、本人が運転または同乗とているクルマに限られ、イオンETCカードを使用中(挿入中)に、ETC料金所ゲートの開閉バーに衝突し、車両損傷があった場合です。

対象となるクルマは、イオンカード会員本人、配偶者、同居の家族、生計を共にする別居の未婚の子どもが所有する自動車、または本人がリース契約にて借りたクルマとなります。
レンタカーは対象外です。
イオンETCカードの挿入忘れの場合も対象外です。

「イオンSuicaカード」でのイオンETCカードの作り方

ここでは、「イオンSuicaカード」でイオンETCカードの申し込み方法と手順をご紹介していきたいと思います。

365日24時間、いつでもお申し込みできます。
PCでもスマホでも、どちらでも申し込み手続きができます。

ステップ1

まずは、「イオンSuicaカード」の公式申し込みページへアクセスします。

公式申し込みページにて、「イオンSuicaカード」のキャンペーンやカード会員特典などについて、あらためてご確認ください。

公式ページでカードについて確認しましたら『かんたん申し込み』ボタンをクリックします。


ステップ2

『かんたん申し込み』ボタンをクリックすると、申し込みにあたっての注意点や申込の流れ、会員規約への同意についての画面が表示されます。

以下の画面です。
イオンSuicaカード申し込み画面
実際の画面はもっと下にも続きます。

運転免許証・キャッシュカードをお手元に準備されると手続きがスムーズになること、
そして、運転免許証・キャッシュカードがなくても申し込みができることなどが記載されています。

ひと通り目を通し、会員規約に同意して、『お申込み』ポタンをクリックします。


ステップ3

次のページからは、個人情報の入力、職業や年収についての入力などをしていきます。

この入力情報をもとに、信用情報機関へデータの問い合わせをし、入会審査に入りますので、誤字脱字には充分に注意してください。

職業についてですが、専業主婦(主夫)、派遣・パート・アルバイト、学生、自営業、年金受給者の方も申し込みできる設定になっています。

学生や専業主婦(主夫)の方は、ほとんどの方は年収がないと思いますので、年収のない方は年収の入力をしなくても大丈夫です。

申し込み画面を進んでいくと『ETCカード申し込み選択』の項目があります。

イオンETCカードの申し込み項目画面
↑ここで、「申込みます」を選択します。


ETCカード申し込み選択の下に、『Suicaチャージ選択』の項目があります。

Suicaチャージ申し込み項目画面
↑ここで、Suicaへのオートチャージ(自動入金)を利用したい方は、「利用します」を選択します。
都度のチャージ(手動入金)される方など、オートチャージを利用しない方は「利用しません」を選択します。
尚、後日、この設定の変更をすることも可能です。


以上に続いて、残りの項目も入力していき、最後に、入力した項目を確認し、申し込めば完了です。

【申し込み時にココに注意を!】

申し込み画面にて『カードのご利用目的』という項目があり
  • 生活費支払い(特典利用含む)
  • 事業費支払い
  • キャッシング
以上の3つから複数選択可能で選ぶのですが、
基本的には「生活費支払い(特典利用含む)」をお選び頂くといいです。
「事業費支払い」「キャッシング」をお選び頂くと、審査が厳しくなる可能性がありますので。



ステップ4

送信された内容をもとに入会審査が行われますので、審査の結果を待ちます。
審査完了までの時間は、早い場合もありますが、多少時間がかかる場合もあります。

カード申し込み数が多くて時間がかかる場合や、審査そのものに時間がかかる場合があります。


ステップ5

審査が通過した方には「本人確認手続きの案内」メールが届きますので、案内に従って本人確認書類をアップロードします。

ここで、『受取人確認配達サービス』の選択も可能です。アップロードが面倒な方は、こちらを選ぶといいです。
カード配達の際に、配達の方へ免許証などの本人確認書類を提示すればOKです。

本人確認書類としては、自動車運転免許証、各種健康保険証、パスポート、各種年金手帳、住民基本台帳カード、(外国人の方は在留カードや特別永住者証明書)のいずれかです。

本人確認書類をアップロードする方は、これらのどれかを、デジカメかスマホで撮影して保存し、それを案内に従ってアップロードします。
※『受取人確認配達サービス』の場合、顔写真付き本人確認書類の提示が必要ですので、顔写真が付いている「運転免許証」「個人番号カード(マイナンバーカード)」「パスポート」「在留カード」「特別永住者証明書」のいずれかを、配達員さんへ提示してください。

ステップ6

審査通過後、1週間から2週間で「イオンSuicaカード」と「イオンETCカード」が届きます。
ETCカードは別送で届きます。数日遅れてのお届けとなる場合もあります。

「イオンSuicaカード」の裏側の署名欄に自筆でサインを書けば、その時からクレジットカードとして使えます。

「イオンETCカード」は、クルマのETC車載器へ挿入すれば使えます。