イオンクレジットカードのETCカード 選び方とおすすめカード

MENU

「イオンカードのETCカード」の選び方とおすすめカード

「イオンカードのETCカード」は、イオンクレジットカードの追加発行カードとして発行されますので、まずはイオンクレジットカードの申し込みが必要なのですが、では、イオンクレジットカード株式会社が発行するどのクレジットカードを選べばいいのか、ということになりますよね。

トップページでも書きましたが、イオングループ会社以外の会社との提携カードも含めて、イオンクレジットカード株式会社が発行するイオンマークの入ったクレジットカードはおおよそ50種類もあります。

そこで、当サイトでは、以下の6枚のイオンカードを、おすすめのイオンカードとしてピックアップしてご紹介したいと思います。

どのイオンカードも永年年会費無料ですし、ETCカードも永年年会費無料です。
家族カードも永年年会費無料ですし、家族カードで発行するETCカードも永年年会費無料です。

イオンカード(WAON一体型)

イオンカード(WAON一体型)画像

イオンカード(WAON一体型)公式申し込みページ ≫
最もスタンダードなイオンカードに電子マネー「WAON(ワオン)」の機能も搭載したイオンカードで、今、イオンカードの中で最も人気があり発行枚数が多いカードです。

これ一枚で、クレジット払いとWAON払いを使い分けられます。
現在、既にWAONをお持ちの方も、そのWAONのポイントを、新たに作った「イオンカード(WAON一体型)」のWAONへ統合してまとめることができます。

どのイオンカードにすればいいのか迷って判断がつかないようなら、この「イオンカード(WAON一体型)」にすると良いです。

ディズニーデザインの「イオンカード(WAON一体型)」を選んでのETCカードお申し込みもできます。

イオンカードセレクト(イオン銀行キャッシュカード一体型カード)

イオンカードセレクト画像

イオンカードセレクト公式申し込みページ ≫
イオンクレジットカードの中で、最もお得度が高いイオンカードで、イオン銀行のキャッシュカードに、イオンクレジット機能と「WAON(ワオン)」機能が搭載された、一枚三役のカードです。

イオン銀行のキャッシュカードですので、イオン銀行の口座開設が必要になります。イオン銀行の口座開設が面倒でない方は、このイオンカードセレクトがおすすめです。

最もお得度が高いイオンカードという理由の一つに、クレジットカードからWAONへチャージした分にもポイントが付く唯一のカードということがあります。WAONへのオートチャージ設定をすると、WAONへの月間チャージ金額200円ごとに1ポイントのWAONポイントが付きます。

ディズニーデザインの「イオンカードセレクト」を選んでのETCカードお申し込みもできます。

イオン・コスモ・ザ・カード・オーパス(コスモ石油提携カード)

イオン・コスモ・ザ・カード・オーパス画像

イオン・コスモ・ザ・カード・オーパス公式申し込みページ ≫
イオンクレジットとコスモ石油との提携カードです。
「イオンカードのETCカード」を作りたい方に人気のカードの一枚です。

コスモ石油のガソリンスタンドで、ガソリンや軽油、灯油を会員価格で給油できます。ガソリンスタンドによって会員価格は異なりますが、ガソリン店頭価格の1円〜2円割引となっている場合が多いようです。

普段、コスモ石油スタンドで給油されている方は、選択肢の一枚にしても良いと思います。
近くにコスモ石油スタンドがある方は、イオン・コスモ・ザ・カード・オーパスを作って、コスモ石油スタンドでの給油に乗り換えてもいいのではないでしょうか。

イオンクレジットカードの割引特典やポイント特典、他の付帯サービスもほぼ同様に付いていて、電子マネーWAON機能も搭載されています。

『イオンカード(WAON一体型)』にコスモ石油ガソリンスダンドでの会員価格サービスも付いている、という感じのカードです。

イオン・コスモ・ザ・カード・オーパス(コスモ石油提携カード)の詳細ページへ→

イオン首都高カード(首都高速道路提携カード)

イオン首都高カード画像

イオン首都高カード公式申し込みページ ≫
イオンクレジットと首都高速道路との提携カードです。
「イオンカードのETCカード」を作りたい方で、普段、首都高の利用機会が多い方におすすめのイオンカードです。

ETCカードが自動付帯されますので、申し込みの際に、ETCカードの同時申し込みをしなくても、ETCカードが発行されます。

首都高利用の際のお得があり、毎週日曜日の首都高通行料金が20%割引になるのが魅力ですし、首都高PAの売店利用の際にクレジットカードで支払うとポイントが5倍です。日曜日は20%割引きなので、日曜日にレジャーなどで首都高を走る機会が多い方にもおすすめです。

イオンクレジットカードの割引特典やポイント特典、他の付帯サービスもほぼ同様に付いていて、電子マネーWAON機能も搭載されています。

『イオンカード(WAON一体型)』に首都高利用割引とPA売店ポイント5倍特典も付いている、という感じのカードです。

イオン首都高カードのETCカードは、他のイオンカードのETCカードと券面デザインが異なります。

イオン首都高カード(首都高速道路提携カード)の詳細ページへ→

イオンSuicaカード(JR東日本ビューカード提携カード)

イオンSuicaカード画像

イオンSuicaカード公式申し込みページ ≫
イオンクレジットとJR東日本との提携カードです。
「イオンカードのETCカード」を作りたい方で、普段、SuicaなどのJR東日本のサービスを利用している方におすすめのイオンカードです。

JR東日本のビューカード機能とSuica機能が付いているので、Suicaへのチャージやオートチャージができますし、ビューカードの付帯サービスも付いています。

イオンクレジットカードの中で唯一、貯まった「ときめきポイント」をSuicaへチャージして使うことができるカードです。

イオンクレジットカードの割引特典やポイント特典、他の付帯サービスもほぼ同様に付いていて、それにプラスして、ビューカードのサービスやSuica機能も搭載されています。

※Suica機能が搭載されているので、WAON機能は搭載されていませんが、追加カードでWAONカード(WAONカードプラス)を発行できますし、WAONカードに紐付けしてチャージもできます。

イオンSuicaカード(JR東日本ビューカード提携カード)の詳細ページへ→

ETC一体型イオンカード

ETC一体型イオンカード画像

ETC一体型イオンカード公式申し込みページ ≫
ETCカードとイオンカードが一枚になったカードです。
ETCカードとイオンカードを別々で持ちたくない、カードの枚数を増やしたくない、という方にオススメの一体型カードです。

これ一枚でETCカードとしても使えますし、ショッピングや飲食時等にクレジットカードとしても使えます。

イオンクレジットカードの割引特典やポイント特典、他の付帯サービスもほぼ同様に付いています。

電子マネーWAONを使いたい方は、追加カードとしてWAONカード(WAONカードプラス)を発行できますし、WAONカードに紐付けしてチャージもできます。

もちろん、「ETC一体型イオンカード」も、他のイオンカード同様に年会費は永年無料です。

※ただし、申し込みはオンラインで資料請求して郵送でのお申し込みとなります。

ETC一体型イオンカードの詳細ページへ→